Return to site

#266 新スキル感想43 大輪斬【剛】(ウォリアー)

· ドラゴンズドグマオンライン,DDON,検証・考察・攻略,ジョブ攻略

今回は、以下の項目について検証を行った。

  1. 攻撃範囲
  2. 攻撃力
  3. 吹き飛ばし力
  4. ダウン火力
※基本ステータス向上のため、【技】派生検証時より各ダメージ量が微増。

攻撃範囲

通常版・技派生よりも、さらに広範囲攻撃が可能になった。

ヒット回数は多段式だが、かす当たりも少なく、遠近ともにダメージ量が安定する。

このため、乱戦時のダメージ効率が非常に高まった。

【剛】派生になると左右への攻撃範囲が広がる。

ヒット回数も安定しやすいため、特に雑魚敵戦で有効なスキルだ。

こちらは【技】派生の攻撃範囲。

追加攻撃は前方に飛んでいくため、巻き込める敵は直線上に限られる。

攻撃力

武器:IR110★4(攻撃力:3215、雷属性)

対象:Lv.98オーク

アビ:闘勢6、壮腕6

■攻撃力

  • 大輪斬【剛】 327++327+327+1431=2412 2.8s
  • 大輪斬【技】 1431+433+433+433+433=3163 2.5s
  • 柄打ち【剛】(追加攻撃最大溜め) 732+2314=3046 3.6s
  • 魔人駆け【技】 400×10+1161=5161 5.0s

【剛】派生のダメージ量は、ウォリアースキル中では平均的。

単体ダメージでは柄打ち【剛】、魔人駆け【技】にやや劣るが、攻撃範囲を考慮すれば十分な性能だ。

吹き飛ばし力

武器:IR110★4(吹き飛ばし力:1060)

対象:Lv.98戦甲ゴアサイクロプス・軽装

アビ:なし

備考:無傷戦甲部位への初撃(緑ヒール効果なし)

■吹き飛ばし力

  • 大輪斬【剛】  48+48+48+263
  • 大輪斬【技】  310+96+96+96+96
  • 突き上げ斬り 191+191+263
  • 柄打ち【技】 176
  • 柄打ち【剛】(追加攻撃最大溜め) 130+373
  • 魔人駆け【技】 62×10+154

【剛】派生の吹き飛ばし力は、柄打ち【剛】よりも100ポイント近く低い。

攻撃力と同じく、こちらもやや減少しているが、発生速度+広範囲共に優れているため、戦甲グリムワーグ、戦甲リザードマン等にも扱いやすいスキルとなった。

ダウン火力

武器:IR110★4(攻撃力:3215、雷属性)

対象:Lv.98サイクロプス

アビ:闘勢6、壮腕6

■攻撃力

  • 大輪斬【剛】 491++614+614+2683 2.8s dps:1572
  • 大輪斬【技】※最大 2683+650+650+650+650 2.5s dps:2113
  • 大輪斬【技】※中間 2683+650+520+520+520 2.5s dps:1957
  • 大輪斬【技】※最小 2146+520+312+312+312 2.5s dps:1440
  • 柄打ち【剛】(追加攻撃最大溜め) 1374+4339 3.6s dps:1586
  • 大風車斬り 1207+(1446+1323)×4+1446+962+1834+1103 10.8s dps:1632
  • 飛龍突 1468+6155+636×3 4.8s dps:1985
  • 殲魔剣風斬 9999+4998×3 12.5s dps:1999

【剛】派生のダウン火力は、柄打ち【剛】とほぼ同程度。

【技】派生は中間dpsでも大風車を超えるため、ダウン火力では【技】派生が優れている。

【技】派生は敵に近づきすぎると、dps値が柄打ち【剛】以下に落ち込むため、使用時は距離感に注意しよう。

【剛】派生は近距離でもダメージが安定するが、総合ダメージは【技】派生が優れている。

【技】派生は現状最高のdpsスキルのため、強敵との戦闘では【技】派生を装備しよう。

感想

【剛】派生は、ウォリアースキルにしては隙が少なく、さらに小型敵にも強力な扱いやすいスキルだ。

ダウン火力性能は【技】派生より劣るが、柄打ち【剛】並みのdpsは維持しているため、ダウンスキルの代用スキルとしても扱える。

また、その他各種攻力の数値に関しても、柄打ち【剛】とほぼ同レベル。

このため、ウォリアーの立ち回りスキルは、

  1. 突き上げ斬り・・・安定攻撃力
  2. 魔人駆け【技】・・・リベンジゲージ回収
  3. 柄打ち【剛】・・・気絶攻力
  4. 大輪斬【剛】・・・攻撃範囲

上記4種類から、自分好みのスキルを選択すると良いだろう。

今回検証した大輪斬【剛】の個人的使用感はとても良い。

大輪斬【剛】は怯み発動が可能なうえ、なぜか被弾身構えモーション中にもキャンセル発動ができる。

そのため、攻めを継続力、スキルの連打性能が非常に高い。

まるで某無双ゲームのように、敵陣中央で敵を蹴散らすことも可能だ。

モーション変化にともない、通常版・技派生にあったガード崩し性能は失われている。そのため、ゴーストヘルムなどの盾持ちとは相性が悪い。)

ウォリアーらしいダイナミックな戦闘が楽しめるので、トップ火力が必要でない場面ではぜひ【剛】派生で遊んでみよう。

身構えで敵の攻撃を防いだ場合のみ、一部モーションをキャンセルして大輪斬【剛】を派生できる。

敵の攻撃を受ける瞬間に、耐魔の身構えで防御すると・・・

身構えモーションをキャンセルして大輪斬【剛】に移行(この間、僅か0.2秒)。

大輪斬【剛】が敵にヒット!

対雑魚戦では、この身構えキャンセル発動が非常に強力。

地面から足が離れなければ、身構え→大輪斬【剛】ループができる。

これで柄打ち【剛】並みのダメージ、範囲攻撃なのだから、弱いわけがない。

実は疲労攻力・チャンス攻力もそこそこあるため、広い場面で活躍できるスキルだ。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly