Return to site

#258 新スキル感想39 アギト裂き【技】(シーカー)

· ドラゴンズドグマオンライン,DDON,検証・考察・攻略,ジョブ攻略

今回は、下記の項目を検証した。

  • 攻撃範囲
  • 延焼・炎防低下値
  • 吹き飛ばし力

攻撃範囲

■初撃攻撃範囲

初撃の攻撃範囲は、歩幅1歩分前方へ拡張される。

感覚的には、ファイターの刀牙昇斬(通常版・剛)と同程度の攻撃判定がある。

この距離からゴブリン3体全員にヒットしている。

スキル回転率が良く、ゴブリンなどの小型敵には初撃→追撃コンボがループする。

■追撃攻撃範囲

爆炎範囲が拡大し、通常版より広範囲の敵を巻き込むことが出来る。

攻撃範囲は上下方向にも拡大しており、ダウン中の敵にもヒットする。

上記画像は、爆炎範囲の最大高度。

サイクロプスなどの大型サイズには、姿勢によって頭部にヒットしない場合がある

オーガなどの中型サイズは、安定して頭部ヒットする。

上手く当てれば、アンセクターオリジンやフォッテンなどのコア削りも可能だ。

(高いチャンス攻力に比べて疲労攻力は並み程度。)

延焼・炎防低下値

武器:IR110(延焼蓄積値0)

アビ:無し

対象:Lv.98ゴブリン(亜人種・炎弱点)

■延焼・炎防低下値

  • アギト裂き(通常) 延焼6セット
  • アギト裂き【技】 延焼1セット、炎防低下1セット

対象:Lv.98オーク(鬼人種・雷弱点)

  • アギト裂き【技】 延焼3セット、炎防低下3セット

対象:Lv.98オーガ(鬼人種・雷弱点)

  • アギト裂き【技】 延焼5セット、炎防低下5セット
  • アギト裂き【技】+炎襲6 延焼4セット、炎防低下5セット
  • アギト裂き【技】+炎襲6+ファイヤーフォース40 延焼4セット、炎防低下4セット
【技】派生の延焼値は通常版の約5~6倍。
延焼・炎防低下蓄積値は非常に高く、アビやジュエリーによって強化することもできる。
炎防低下は主にダウン時のダメージ増加、戦甲敵への吹き飛ばしダメージ増加に有効だが、延焼状態異常は気絶・睡眠など一部状態異常を上書きする効果もある。
青ジョブなどとプレイする際には、むやみやたらと延焼させると連携が崩れる場合がある。

吹き飛ばし力

武器:IR110★4(攻撃力:1060)

対象:Lv.98戦甲ゴアサイクロプス・軽装

アビ:なし

備考:無傷戦甲部位への初撃(緑ヒール効果なし)

■吹き飛ばし力

  • アギト裂き【技】:145+41+31+11+9
  • 流し暗殺【技】:311+39×3
  • 爆炎刃【技】:154+4+180+73

アギト裂き【技】の吹き飛ばし力は、シーカースキルでは並み程度。

戦甲攻撃スキルとしても及第点といったところだろう。

ただ、攻撃箇所がばらつきやすい点や、地上攻撃ゆえに敵の攻撃を被弾しやすいなど、若干の扱いにくさはある。

延焼・炎防低下は戦甲敵にも有効なので、主に状態異常目的のスキルとして使っていこう。

感想

【技】派生は立ち回りでも使用できるが、基本的には大型敵へのコア削り、または状態異常を狙うためのスキルとして使っていこう。

初撃の攻撃範囲拡大は、特に人型敵の白コア削りで役に立つ。

延焼蓄積値も高いため、敵の大技に合わせて延焼状態にし、スキル詠唱を中断させることもできる。

雑魚敵にはファイターの刀牙昇斬に似た使用感で扱えるが、足が止まることで敵の攻撃も被弾しやすくなる点には注意しよう。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly