Return to site

#230 シーズン3.3 カスタムスキルEX公開

· ドラゴンズドグマオンライン,DDON,アップデート情報,イラスト

新カスタムスキルが公開されるとテンションが上がる覚者たち(特に後ろの男性人)。

ハイセプターも近距離新スキルが追加され、よりアクティブな戦闘ができるようですね。

今からシーズン3.3UDが楽しみです♪

カスタムスキルEX20種に加え、ハイセプターの新カスタムスキルが公開

「シーズン3.3UDプレビュー」ページにて、今後追加予定の新カスタムスキルが公開された。

ハイセプターは完全新カスタムスキル、それ以外の10ジョブには新カスタムスキルが追加される。

公開された情報を元に、新スキルの性能や使用感などについて予想してみよう。

新カスタムスキル:ハイセプター「ファントム・エッジ」

ハイセプターの新カスタムスキルは、近接コンバット用の剣技スキルだ。

魔力ゲージを消費して、自身の刃に幻影を創り出し、ノーマルスキルの剣技を強化できる。

ルイン・ショットなどの遠距離攻撃には効果がないので、スキルを発動したら近距離剣技スキルで斬りつけよう。

スキル発動中にボタン再入力で、魔力吸収に特化した一撃を放つことができる。

ハイセプターは「弧連斬」「昇墜斬」と優秀なノーマルスキルが多く、それらを強化するアビリティと併用すれば効果が高まる。

カスタムスキルEX

これまでのシーズン同様、各ジョブにそれぞれ【技】【剛】2つの派生スキルが実装される。

新カスタムスキルEXは、新たなエピタフロードを開拓することで戦技の継承が可能になる。

また、戦技の継承を解放しても、習得するには【技】なら9、【剛】なら10のスキルレベルが必要だ。ジョブ修練がまだの方は今のうちから上げておこう。

なお、【技】と【剛】のカスタムスキルは、同時にセットできないので注意しよう。

検証済みカスタムスキルリンク

1.ファイター

ファイター覚者に吉報! ファイター最大のウォークポイントである対空スキルに、待望の強化スキルが登場だ。

注目は、攻撃範囲が大幅拡張された【技】派生だ。攻撃時にかまいたちのような剣撃エフェクトが追加され、上空の敵にも有効な攻撃スキルに生まれ変わった。筆者の予想では、刀牙昇斬【技】と同様にファイター定番スキルになるだろう。

紹介映像では、単に上方向だけでなく、若干離れた敵に対しても攻撃が当たっている。ふきとばし力も強化されているので、ハーピーなど厄介な小型敵にも有効だ。

天蓋斬りはダメージ・各種攻力ともにやや控えめな性能だが、攻撃発生の速さからとにかく攻撃を当てやすい。素直な挙動が強みのスキルなので、様々な状況で活躍できそうだ。

【剛】派生はダメージ・攻撃回数・攻撃速度などの攻撃面が総合強化される。

もしも火力面で豪溜斬りを超えるようであれば、これまでは豪溜斬りで対応していた大型敵に対して地上戦を仕掛けられるだろう。

2.ハンター

ハンターの降らし爆炎矢は、総合火力・吹き飛ばし力・気絶攻力と3拍子揃った範囲攻撃だ。

渦巻き射ち【技】が登場する以前は、対カトブレパスなどの大型戦甲敵に強力なスキルとして活躍していた。

【技】派生は持続攻撃と自動爆破が追加され、紅蓮爆矢がなくても扱えるようになった。

即効火力ではないため癖はあるが、降らし射ちよりも高火力の範囲攻撃スキルとして活躍しそうだ。

【剛】派生は通常の降らし爆炎矢から正統強化された性能だ。即時起爆には、これまで通り紅蓮爆矢が必要になる。中央部のダメージは【技】派生よりも強力で、もしも多段ヒットダメージに吹き飛ばし力が設定されていれば、戦甲系に対しても有効なスキルとして再び活躍できるだろう。

3.プリースト

正直なところ、現状のプリーストにディフェンスライザーが入る余裕はない。

防御面ではソリッドライザー、キュアスポット【剛】などの定番スキルが控え、攻撃スキルにはアタックライザー、セラフィムフラップ【技】などの使用頻度の高い重要なスキルが揃っているからだ。

ディフェンスライザーがスキル枠に入るためには、敵がこちらの体力をワンパンチで奪うほどの高火力になるか、カスタムスキル枠数そのものが拡張されないとなかなか難しい。

スキル効果自体は優秀なので、今後のDDONの環境次第で決まるスキルだと感じた。

4.シールドセージ

運営サイドは、廃産スキル・バインドアンカーとスタンバーストを忘れようとしているのではないか!?

そのような疑惑は残るが、シールドセージの新カスタムスキルはなかなか興味深い内容だ。

前方限定のFシールドと比べ、360度全方位ガード可能なセントウォールは、対複数戦での安定感に優れている。

EM「魔物のるつぼ」のような、突発的に複数敵に囲まれるような状況では特に有効だ。

【技】派生は防御バフが追加され、より堅実なタンクとして立ち回れるようになる。無難な追加要素ではあるが、耐久力向上次第では立ち回りにも影響を与えるかもしれない。

【剛】派生は、新たに追加された解放攻撃の性能に注目だ。

5.シーカー

アギト裂きは、高いチャンス攻力を生かしたコア削り、状態異常蓄積値による状態異常が特徴のスキルだ。

【技】派生は攻撃範囲と延焼・炎防低下の状態異常が附与され、優秀なコア削り手段として使われるだろう。

【剛】派生は攻撃回数増加による火力が強みになりそうだ。

シーカーには既に強力な空中スキルが出揃っている。空中スキルには①アビリティの火力強化が容易、②地上スキルよりも被弾しにくいなど、地上スキルよりも優位性が高い。立ち回りスキルとして既存スキルに割って入れるかどうかに注目だ。

6.ソーサラー

シーズン3.2のファイヤーウォールに続き、懐かしいスキルがカスタムEXとして強化されるぞ。

【技】派生はファイヤーウォールと似たような範囲攻撃スキルだ。上空にも攻撃範囲が広がるため、大型敵にも扱いやすいのが特徴だ。

【剛】派生は総合ダメージが上昇し、凍結状態異常が上昇する。属性魔法は魔法属性が固定されるため、エンチャントなどで上書きされる心配がない。凍結特化武器を用意すれば、安定した凍結スキルとして運用できる。

7.エレメントアーチャー

【技】派生は物魔防減+属性防減の2つのデバフを同時にかけることができる。青ジョブと連携すれば、エンチャント属性の属性防減をかけられるので強力だ。

【剛】派生はターゲーット数が増加し、溜め時間も大きく短縮される。ロック数の多い大型敵など、デバフをかけにくい敵にも有効な派生だ。

8.ウォリアー

状来の大輪斬には、対複数戦スキルにかかわらず攻撃を潰されやすいといった弱点があった。

てっきり耐久力強化が施されるかと思ったが、運営の調整は予想のやや斜め上を行くようだ。

【技】派生は吹き飛ばし力と前方攻撃範囲が強化され、ファイターの刀牙昇斬【技】に似た中距離対応スキルに変化した。つみじ風を連想する派生攻撃エフェクトは、ビジュアル的にもなかなか新鮮だ。

攻撃発動時の隙は相変わらず大きいので、密着ではなくやや離れた距離から発動するスキルになるだろう。

【剛】派生はモーションが変化し、攻撃速度とダメージが強化される。のけぞり中にも発動できるので、ファイターの円月斬りと同様の運用もできる。攻撃発生モーションに耐魔防御効果が付けば、こちらは本来の大輪斬に近い対複数敵への運用も可能だろう。

変化されたモーションは殲魔剣風斬を流用したものに見えるが、見栄えのかっこよさは段違いだ。動きがややもっさりした【技】派生との対比も相まって、使い分けるのが楽しいスキルになりそうだ。

9.アルケミスト

アルケミストのカスタムEXは、とにかく【剛】派生に注目だ。

魔法属性蓄積値が強化されることで、アルマ・ウェイブやアルマ・セプタなど、様々なスキルで敵を凍結・聖吸・感電状態異常することが可能になる。

実際の蓄積値は検証を待つのみだが、多くのアルケミスト使いが待ち望んだスキルであることは間違いない。

このスキル追加に伴い、武器のリミット解除時や武器クレスト、またはアビリティ構成にまで影響が出る可能性がある。アルケミストの新しいスタイルを発見できそうな、そんなわくわくするような新スキルだ。

10.スピリットランサー

【技】派生はソリッドライザーよりの強化が加わり、【剛】派生はソラースライザーよりの強化が追加される。

戦闘中にキュア・グラスタの範囲内で戦い続けられる場面は少ないので、基本的には【剛】派生をセットすることになるだろう。

気になるのは、【剛】派生に限りヒールブースト時の攻撃力上昇が強化される点だ。

治癒上限値+火力上昇効果が追加されることで、ダウン時の火力がさらに強化されるかもしれない。

それにしても、キュア・グラスタひとつで、霊種族への攻撃、体力回復、状態異常回復、攻撃バフ追加と、なんでもかんでも揃いすぎな気がするのは筆者だけだろうかw

おまけ

描きやすさと顔の覚えやすさはキャラクターによって個人差があります。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly