Return to site

#229 ジョブ専用「竜彫りの秘装具Ⅰ&Ⅱ」効果一覧

· ドラゴンズドグマオンライン,DDON,検証・考察・攻略

やりこみ要素「竜彫りの秘装具」ジュエリー

新たに登場した竜彫り秘装具には、新たな種類のアビリティ効果が付与されている。

過去のジュエリー効果と合わせて確認しておこう。

「竜彫りの秘装具」ジュエリーの注意点

「竜彫りの秘装具」については以下の点に注意しよう。

  • 「竜彫りの秘装具」は鑑定士NPC「グレゴリー」に鑑定してもらう必要がある。(グレゴリーは白竜神殿内「商店区 裏通り」にいます。訪れる時は神殿内リム転移が便利です)
  • ジュエリー装備箇所は、リング・腕輪・ピアスの3種類からランダムで決定される。
  • 「竜彫りの秘装具」ジュエリーに附与されるアビリティの種類&レベルは、鑑定時にランダムで決定される。付与されるアビリティの抽選確率は以下のとおり。

・LV3:61%

・LV4:30%
・LV5:6%
・LV6:3%
(同じLVのアビリティの抽選確率は均等。)

  • アビリティの効果は、ジュエリーと同効果のアビリティをセットしても重複せず、より効果の高いものだけが適応される。この仕様は、アビリティが附与された全ジュエリーでも同様である。

例:プリーストアビ(LV.5「長露」)+ジュエリーアビ(LV.3「長露」)→効果はLV.5「長露」のみ反映される。

  • 「竜彫りの秘装具」ジュエリーはジョブ専用ジュエリーのため、他ジョブには装備することが出来ない。他ジョブに装備したい場合は、ジョブエンブレムのアビリティ枠にセットする必要がある。

Eアーチャー「ジョブエンブレム」+プリーストアビ(LV.5「長露」)→Eアーチャー「ジョブエンブレム」(+LV.5「長露」)

「竜彫りの秘装具」効果一覧

「竜彫りの秘装具Ⅱ」メモ

【ファイター】

ファイターは念願の「闘勢」が追加された。物理ジョブ必須アビリティなので需要は高いが、逆にLv.6を引くための抽選3%が鬼門となる。メインファイターの覚者は根性で頑張ろう。

「強盾」「重盾」はシールドバッシュ【剛】の性能を強化できるほか、Sセージにも有効なアビリティだ。

これまでのファイターはPPの使い道に困るジョブだったので、今回の追加要素はありがたい。

【ハンター】

火力アビリティ「射極」に加え、「鬼狙」など使い道の多いアビリティが揃った。特に「射極」は装備する機会が多いため、Lv.6を狙っていきたい。個人的には、弓矢の最適距離を延長する「拡撃」が嬉しい。「拡撃」は火力アビではないため、低レベルでも実用性がある。

【プリースト】

ヒールオーラの回復量を増加する「癒気詠」は、Lv.5以上からの詠唱速度上昇が追加される。高レベルなら実用性の高いアビリティだが、逆にLv.4以下は装備する価値は高くない。このスキルに限らず、ノーマルスキルを強化するアビリティは、Lv.5以上から追加強化されるので覚えておこう。「硬気」はプリーストを良く使う覚者ならお馴染みの防御アビリティ。ソーサラーの「脱帽」とあわせて、ジョブエンブレムにもセットしたいアビリティだ。

【Sセージ】

「積吸」「貧吸」「見極」は、Sセージの立ち回りを強化するアビリティだ。特に、ジャストガード判定を強化する「見極」と、ジャストガード時のゲージ回収量を増加する「貧吸」の組み合わせは強力だ。これらは仮にLv.4でも実用性があるので、ジュエリーとアビリティ枠であわせて装備しよう。盾性能を強化する「堅牢」はSセージ必須アビリティ。低レベルでは全く価値がないので、かならずLv.6のものを装備しよう。「気鋭」は汎用性の高い防御アビリティで、Sセージポーンなどにも装備させると良い。Sセージのラインナップには大きなハズレもなく、比較的低レベルでも装備しやすいアビリティが揃っている印象だ。

【シーカー】

シーカーで狙うとしたら、チャンス攻力を上げる「深攻」と、筋力を増加する「剛攻」だろうか。この2つは元からコストが低めで、効果はLv.6でもそれなりといったところ。低レベルでは効果はさらに低くなってしまう。空中攻撃時の耐久力を強化する「力跳」は、空中攻撃をメインとするシーカーや、空中光円月を多用するハイセプターには効果がある。

【ソーサラー】

「魔増」「脱帽」「魔抵」はLv.4~5でも十分実用性のあるアビリティだ。「魔増」は体力一定以上で魔力が強化されるが、上昇効果は「奉然」「魔双」よりも控えめだ。ソーサラーはアビリティコストの関係で「魔増」「魔双」「奉然」の3つを揃えるのが大変なので、とりあえずLv.「魔増」をジュエリー枠で装備し、アビリティ枠で「魔双」「奉然」を装備して火力を底上げしよう。「脱帽」は詠唱中のダメージを割合カットしてくれる良アビリティ。ソーサラーやプリーストなどの魔法ジョブ全般に効果がある。

【ウォリアー】

ウォリアーの目玉は、体力一定以上でチャンス攻力を強化する「勇攻」。メイン赤ジョブのジョブエンブレムにセットしたいアビリティの一つだ。他にも、気絶値を強化する「列当」、ジャスト発動スキルを補助する「快閃」など、他ジョブにも有効なラインナップが揃う。魔人斬りを強化する「魔斬砕」は、Lv.5以上で疲労&チャンス攻力が上昇するので、こちらもLv5以上のものに厳選しよう。

【Eアーチャー】

コア露出時間を延長する「通眼」は、Eアーチャーの定番アビリティの一つ。基本的には取り外す必要のないアビリティなので、Lv.5~Lv.6が出たらぜひ装備しよう。他にも、「闘矢瞬」や「霊狙」など、Eアーチャーの火力強化に役立つアビリティが揃っている。

【アルケミスト】

「快錬」はエレクシル使用時にスタミナが大きく回復するアビリティ。Lv上昇の影響はスタミナ回復量のみなので、多少レベルが低くても実用性は十分。「硬視」は敵のヘイトを取っている間はアルケミストの防御力が上昇する。攻撃=ヘイト取りのアルケミストにとっては、実質制約無しの防御力上昇アビとして機能する。「錬爆倒」は主力火力であるエレクシルダメージを強化するため、こちらはLv.6を狙っていきたい。「竜狙」に限らず、「〇狙」の種族特攻アビリティはジョブが固定される「竜彫りジュエリー」やジョブエンブレムとの相性が悪い。引き当てたとしても使用場面が限定的なのが難しいところだ。

【Sランサー】

スピリットゲージ上昇を補佐する「霊蓄」は、ヒール/アタックブーストの発動率にかかわるため非常に重要。高レベルを引き当てたらぜひ装備させておこう。その他には、フォル・スラストのダメージを強化する「槍堕倒」や、Sセージなどに有効な「属附」など、使用場面が限定されるが効果の高いアビリティが揃っている。

【ハイセプター】

魔力吸収量を増加する「力吸」はハイセプターの定番アビリティの一つ。Lv.5でも十分利用出来るので、手に入れたらぜひ装備しよう。「常撃」はノーマルスキルを強化できる火力アビリティ。ハイセプターのルインブレードや、アルケミストのエレクシルなども強化できる。ハイセプターはアビリティ枠に余裕がないので、必須アビリティのLv.6はぜひ手に入れたいい。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly