Return to site

#210 新スキル感想26 コル・スパイク【剛】(スピリットランサー)

· ドラゴンズドグマオンライン,DDON,検証・考察・攻略,ジョブ攻略

今回は、コル・スパイク【剛】について、以下の検証を行った。

  • 攻撃力
  • 吹き飛ばし力
  • 状態異常蓄積値
  • ゲージ増火力

攻撃力

武器:IR105武器(物理攻撃力:2921)

アビ:闘勢6、攻炎6

対象:lv93ゴブリン

備考:エンチャント、攻撃力上昇バフなし

  • コル・スパイク【技】(1ゲージ)     1980+733【2713】
  • コル・スパイク【剛】(1ゲージジャスト) 2276+846【3122】 15%↑
  • コル・スパイク【技】(2ゲージ)     4279+1306【5585】
  • コル・スパイク【剛】(2ゲージジャスト) 4919+1408【6327】 13%↑

ジャスト判定は1ゲージと2ゲージでそれぞれ設定されている。

ジャスト判定時のダメージ増加量は、どちらのジャスト判定時も約15%ほど。

ハンターの剛力射ちと異なり、距離によるダメージの増減がないため扱いやすい

なお、コル・スパイクには射撃属性はないため、アビ射撃による火力強化はできない。

個人的な体感では、ジャスト判定時間はやや短め。

ジャスト発動のタイミングは、修練の小部屋などで練習して覚えよう。

射的距離は通常の剛力射ち程度。

溜め動作中は移動速度が低下するため、敵からの被弾だけ注意しよう。

距離によるダメージ減がないため、敵との距離がほぼ0距離でも問題ない。

状態異常蓄積値

検証の結果、状態異常蓄積値は通常時、ジャスト判定時で変化しなかった。

吹き飛ばし力

検証の結果、吹き飛ばし力は通常時、ジャスト判定時で変化しなかった。

ゲージ上昇率

アビ:霊蓄6

備考:コル・スパイクは2ゲージスキル発動時

  • コル・スパイク【剛】(2ゲージジャスト)       1セット(4.7s)=約25%増加。
  • コル・スパイク【技】                 1セット(4.7s)=約20%増加。
  • アラム・ファング【技】(地上発生+フォル・スラスト)  1セット(4.8s)=約32%増加。

検証の結果、ジャスト判定時にはスピリットゲージ増加量も強化されることが分かった。

2ゲージジャスト時の増加量は約25%。4セットで100%になる計算だ

スキルのトータル時間はアラム・ファング【技】と殆ど変わらない。

そのため、遠距離ではコル・スパイク【剛】、近距離ならアラム・ファング【技】と、スキルを使い分けてゲージを溜めていこう。

(ヒット部位によって状態異常蓄積値は増減するが、ゲージ増加量そのものは部位補正の影響を受けない。)

アビリティ快閃の適応

ジャスト判定時には、ウォリアーのアビ快閃(ジャスト攻撃時にスタミナ軽減)が適用される。

アビ快閃が発動すると、消費スタミナは約30~40%近く軽減される。

ウォールグラスタ【技】のお陰で消費スタミナはさほど問題にならないが、覚えておいて損はない。

感想

正直なところ、単なる攻撃力上昇のみでは物足りない派生だと思っていたが、ゲージ量増加が追加されたことで、立ち回り兼ゲージ蓄積スキルとしてスキル枠に入る可能性が出てきた。

スピランにとってゲージ確保が重要なことは、もはや説明も不要だろう。

コル・スパイク【剛】は、ゲージ蓄積スキルとして以下のような利点がある。

  • 遠距離攻撃スキルである。
  • 貫通性能もちである。
  • 発動距離によるマイナスがない。
  • ゲージ増加量がわかりやすい(1セット=約5.0sを4セットでゲージ100%)

使用場面を選ばない扱いやすさに加え、元からの状態異常値の高さ、ジャスト発動時の火力増加量など、これといった粗が見つからないのが魅力的だ。

【技】派生は遠距離コア出しスキルとして便利だが、立ち回りスキルとしては【剛】派生もかなり良い。
ポーンにセットするなら【技】派生がお薦めだが、覚者はどちらの派生でも良いだろう。

黄金化状態異常120の武器の場合、ゴブリンを一発で黄金化することも可能。

リミット解除武器との相性がよいのも強みの一つだ。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly