Return to site

#209 新スキル感想25 アルマ・ウェイブ【技・剛】(アルケミスト)

· ドラゴンズドグマオンライン,DDON,検証・考察・攻略,ジョブ感想

今回は、アルマ・ウェイブ【技・剛】について、以下の検証を行った。

  • 攻撃力
  • 吹き飛ばし力
  • 錬成値
  • 生成速度
  • 物防/魔防低下速度

錬成物質の強化について

アルマ・ウェイブ(通常版)は、攻撃時に錬成物質×5発を発生させるスキルだ。

アルマ・ウェイブ【剛】は、この錬成物質を一定確率で強化錬成物質に変化させる

錬成物質の変化確率は、1~5段目でそれぞれ違いがある。

変化確率の比較(変化回数/合計回数)

  • 1段目  50/50  100%
  • 2段目  50/50  100% (もしかしたら90%↑かも)
  • 3段目  38/50  76%
  • 4段目  26/50  52%
  • 5段目  18/50  36%

スキル発生時にカウンテラ発動すると、全ての錬成物質が100%強化錬成物質に変化する

強化錬成物質は、攻撃力・吹き飛ばし力・錬成サイズ・錬成値の全てが強化されるぞ

なお、アルマ・ウェイブ【技】は通常性能の錬成物質の数が増え、1セットに7発まで錬成物質を生成する

強化錬成物質は、通常のウェイブよりも色が赤くなり、サイズや高さも拡大している。

強化されたのは見た目だけでなく、基本的な全ての性能が強力になっているぞ

なお、通常発動の際には、特に5段目の錬成物質が通常版になりやすい。

攻撃力

武器:IR105武器(物理攻撃力:2813)

アビ:闘勢6、攻炎6、錬爆倒6、錬成砕6、常撃6

対象:lv93ゴブリン

備考:炎エンチャントあり

  • アルマ・ウェイブ【剛】(強化錬成物質) 934×2+a
  • アルマ・ウェイブ【技】(通常錬成物質) 400×7
  • (参考1)エレクシル爆破 1278+5432
  • (参考2)アルマ・セクタ 300×5
  • (参考3)高度アルマ・ピラー【技】 1784+911

アルマ・ウェイブなどの一部カスタムスキルには、エンチャント効果が反映される。

相手がゴブリンクラスの軽量小型敵であれば、全スキル中最速のダメージ効率を誇る。

リンドブルグなど、錬成物質が多段ヒットする敵にも効果が高い。

(相手が竜族系の場合、アルマ・ピラー【剛】が最も火力が出る。)

ゴブリン、オオカミなどの軽量サイズに対しては、より大きな効果が望める。

強化錬成物質の数が多いほど、総合ダメージも上昇する。

吹き飛ばし力

武器:IR105武器(吹き飛ばし力:561)

アビ:甲砕6

対象:lv93戦甲グリムワーグ

備考:ヒール効果なし

アルマ・ウェイブ【剛】(強化錬成物質) 419

アルマ・ウェイブ【技】(通常錬成物質) 361

強化錬成物質は、吹き飛ばし力も強化されている。

単発での紫ダメージは【剛】派生が勝るが、一部の大型敵に対しては、より攻撃ヒット回数が多くなる【技】派生のほうが強い場合がある。

(例えば、ナイトメア系には【剛】派生は2ヒットに対し、【技】派生は3~4ヒットする。これは、【技】派生が錬成物質の数が増える際、一つ一つの錬成物質の間隔が近くなるためだ。)

錬成値

武器:IR105武器(物理攻撃力:2813)

アビ:挑錬6

対象:lv93ゴブリン

アルマ・ウェイブ【剛】(強化錬成物質) 4ヒット

アルマ・ウェイブ【技】(通常錬成物質) 7ヒット

アルマ・ウェイブ【剛】は、1セットで最大5ヒット。

アルマ・ウェイブ【技】はヒット数が増加し、1セットで最大7ヒットする。

ドワーフオークなど、殆どの敵には2ヒットまでしかヒットしないため、Lポテトの完成速度は【剛】派生が上回る場合が多い。

強化錬成値は生成物質のサイズも大きいため、より頭部にLポテトを作りやすいのも強みだ。

強化錬成物質は、通常版よりもよりビックサイズ!

オーガサイズの敵にも、頭部位に攻撃がヒットし易くなったぞ。

弱点部位に当たれば、エレクシル解放時のダメージや状態異常値が上昇する。

生成速度

アルマ・ウェイブ【剛】 3.0s (錬成物質×5)

アルマ・ウェイブ【技】 2.6s (錬成物質×7) 

錬成物質の生成速度は【技】派生が優れている。

さらに、【技】派生は最大射程も強化され、より遠くの敵まで攻撃を当たるようになっている。

これだけ離れた敵に対しても攻撃が届く。

空中敵に弱いが、地上敵にはタゲトリスキルとして使用できる。

物防/魔防低下速度

lv93ゴブリン   3ヒット(物防/魔防)

lv93オーク    5ヒット(物防/魔防)

lv93オーガ    6ヒット(物防)、8ヒット(魔防)

lv93サイクロプス 9ヒット(物防/魔防)

アルマ・ウェイブ【技】は、錬成物質のヒット回数によって物防/魔防の低下状態異常を与えることができる。

防御力低下中は、敵に与えるダメージが大きく上昇するため、非常に強力だ。

(防御力低下効果は、敵のレベルやステータスに依存する。大型敵だと、約1割近くダメージが増加することもある。検証時のLv93ゴブリンだと、約7割近くダメージが上昇した。)

通常、敵に与える状態異常蓄積値は、敵への攻撃部位によって増減する。

しかし、アルマ・ウェイブ【技】は特殊で、どの部位に当てても状態異常蓄積値は変化しない。

(サイクロプスは足に当てても9回、頭部に当てても同じ9回で物防/魔防減少を与えることができる。睡眠状態など、ヒット回数を増やせる体勢に出来れば、より早く状態異常を入れることも可能だ。)

なお、物防/魔防低下の効果時間は、敵にもよるがおよそ60s程度

ダウン中にも効果を与えたい場合は、ダウン時間20sから逆算して状態異常を入れよう。

防御減少が入れば、PT全体の攻撃補助になる。

クレストなどで効果をさらに強化できるが、アルマ・ウェイブ自体の状態異常値は低いため、クレストやリミット解除による上乗せ効果は低い。

攻撃部位による増減がないため、敵によって何回ヒットすれば状態異常が入るかは把握しておこう。

感想

アルマ・ウェイブは個人的に好きなモーションスキルなので、今回の派生強化はとても嬉しい。

アルマ・ウェイブ【技】の特徴は、やはり強力な防御力減少効果の追加。

格上の大型敵戦闘では特に有効だ。

攻撃速度と飛距離が伸びたことで、タゲトリ性能も上昇し、タンクスキルとしても扱いやすくなっている。

スキルのダメージは据え置きなので、PTプレイでの補助スキルとして運用しよう。

アルマ・ウェイブ【剛】は単純な火力のみならず、錬成値も上昇したことで総合火力が強化された。

火力のある貫通スキルは、セージのFバーストと同様、使い勝手が良い筈だ。

強化錬成物質は1~2段目が確定発動するため、できるだけ敵を引き付けてから発動させよう。

どちらの派生も、使用する際にはカウンテラ発動を狙っていこう。

アルマ・ウェイブはカウンテラ受付時間が非常に長く、生成物質を生成する直前まで受付時間がある

きちんと敵の動きを見て使えば、不意打ち以外のダメージを受けることはないだろう。

アルマ・ウェイブはフーガキャンセル(スキル発動まえにアルケム・フーガでキャンセルする小技)が可能なので、危なくなったら無敵時間のあるアルケム・フーガで攻撃をかわそう。

お薦めの派生スキルは、PTプレイ時に効果が高い【技】派生だ。

物理と魔法、両方の防御力が低下するので、赤ジョブの種類に左右されない安定感がある。 

一応、防御力減少は他ジョブでも扱える状態異常なので、PTメンバーの武器状態異常は確認する癖を付けておこう。

スキルの使用感はどちらもさほど変わらないため、どちらの派生スキルをセットするかは、PTレベルやクエスト内容をみて組み換えていこう。

画像はアルケム・フーガ成功時の紫ダメージ。

見ての通り、アルケム・フーガの紫ダメージは意外と大きい。

緑ジョブのヒーラー効果があれば、紫ダメージが2000を超えることもある。

フーガ・キャンセルを使いこなせれば、より素早く敵を討伐できる。

アルマ・ウェイブはガード崩し効果もある。

重兵ドワーフオークの厄介なガードも貫通できるため、地上戦での汎用性は高い。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly